脊柱管狭窄症の効果的なリハビリを知る~シャキッと背骨改善~

Doctors

歩行時の痛みやしびれ

Man and Woman

原因は腰かもしれません

一定の距離を歩くと左右どちらかの足に強いしびれや痛み、脱力を感じて歩けなくなる。しかし、足を曲げ伸ばししたり、中腰や座ったりして休憩するとすぐに症状が治まってまた歩けるという方。そのような症状に当てはまると言う人は原因は腰かもしれません。このような少し休んだらまた歩けるという症状の事を間欠性跛行といいます。この症状は脊柱管狭窄症の特徴的な症状となっています。脊柱管狭窄症とは脊椎の中を通る脊柱管が何らかの原因で狭くなり、中を通っている脊髄を慢性的に圧迫し、痛みやしびれなど神経圧迫症状を呈した疾患です。この病気がおこる原因は生まれつき狭い脊柱管をもった先天性のものと、加齢により腰が曲がったりして脊椎の変形によっておこる後天性のものがあります。

この病気の改善方法は

脊柱管狭窄症の治療方法としては、装具療法、リハビリそして手術があります。まず、症状が軽い場合は腰椎の曲がった状態を抑えるために、コルセットの装着を試みます。そして、並行してリハビリを行います。脊髄は腰椎が前わんした状態、つまり、お腹を突き出した様な姿勢でいると最も圧迫が強まります。リハビリを行い腹部や背部の筋肉を鍛えることで、姿勢を整えます。具体的な方法としては寝た状態で膝を曲げておしりをあげる運動や、四つばいとなってその状態から対側の手足を伸ばす運動等があります。このようなリハビリを無理のない範囲で行うことで、姿勢の改善をはかり、脊髄の圧迫を減らしていきます。それでも症状が改善しない場合は脊椎の一部を除去し、脊柱管の開放を行う手術を行います。間欠性跛行の症状がみられたら、脊柱管狭窄症を疑い、自己判断せず、早めに整形外科に行って適切な治療を受けることが大切です。

関節の変形

Woman

リュウマチは免疫の異常から起こる病気であり、女性に多く発症します。世田谷区には専門医があるのですが今後はリウマチを専門で治療するクリニックが増えていくと予測されます。知っておくと安心なのがリウマチは早期治療で変形を抑えることができるということです。

この記事を読む

症状と統計的データ

Girl

胃がんの症状としては、胸やけや吐き気を感じやすくなることや、食欲不振になりやすいということが挙げられます。しかしながら、初期の頃はほとんど自覚症状はありません。統計的には胃がんになる人やなくなる人は減少傾向にあります。

この記事を読む

脳内出血を回避するには

Flower

脳内の動脈と静脈が、毛細血管を介さずに直接繋がってしまっている人がたまにいます。それは、脳動静脈奇形と呼ばれる症状なのですが、そのままにしておくと、けいれん発作や脳内出血を起こしやすくなります。でも、外科手術で治療することができます。

この記事を読む

Copyright© 2015 脊柱管狭窄症の効果的なリハビリを知る~シャキッと背骨改善~All Rights Reserved.